Staubで絶品!塩レモンおでん

塩レモンおでん

寒い時期が続く冬に食べたくなる「おでん」。

白だしを使ったお出汁に肉団子や厚揚げでコクをだし、仕上げにレモンを添えた大人のおでんレシピをご紹介します。

レモンの酸味が具の美味しさ引き立てます。日本酒にもぴったりです。

塩レモンおでん

ちなみに「白だし」とは、昆布や鰹節などでとった出汁に、薄口醤油やみりん、砂糖などを加えてつくられた調味料で、透明感のあるお出汁ができます。

材料

作り方・レシピ

  1. 下ごしらえ
    大根を下茹でしアクを抜く
    (大根は輪切りにして600wのレンジでラップをして5分ほど温め簡易アク抜きを行う事も可能です)
  2. 出汁を作る
    staubのココットにおでん出汁(上記材料を参照)をつくり、厚揚げを入れ、沸騰する直前まで煮込む。
  3. 蓋をして煮込む
    蓋をして1時間ほど極弱火で煮込む
    そのまま一晩置くと大根がとても美味しくなります。
  4. 鶏肉団子を作る
    肉団子の材料を手ごねし、網焼きグリルで両面を焼き粗熱をとる。
    (このレシピでは割としっかりした食感の肉団子になりますので、お好みで卵などの「つなぎ」を加えて調整してください)
  5. おでんに鶏肉団子を加える
    空いたスペースに肉団子を加えてトロ火でお出汁を5分ほど温める
  6. はんぺんとレモンを加える
    最後にはんぺんをお出汁に浸かるように加え、レモンスライスをのせ、10分程おき完成。

レモン香る出汁と、味の染み込んだ具がとっても美味しいです。

はんぺんは早く入れると柔らかくなり過ぎて溶けてしまうので、食べる直前の投入がオススメです。

その他のSTAUBおでんレシピ

レシピ評価
recipe image
レシピの名前
Staubで絶品!塩レモンおでん
シェフ
公開日
準備時間
調理時間
合計時間
レシピの評価
51star1star1star1star1star Based on 3 Review(s)

おすすめ記事