自宅で簡単!脂の乗った焼き鯖寿司

焼き鯖寿司

材料

  • 鯖フィレ 2切
  • お米 1合
  • 赤ワインビネガー 大さじ2
  • 大さじ2
  • 小さじ1/2
  • 乾燥わけぎ 一袋

サバ寿司にも色々あり、近年はアニサキスの食中毒が流行っているので、怖くて自宅で生サバを料理するが恐怖ですね。

〆鯖料理はプロの方々にお任せするとして、自宅で楽しめる鯖寿司を作ってみましょうー。

「焼き鯖のフィレ」と「赤ワインビネガー」と「わけぎ」でシャリを仕上げて、ラップで包んで押し寿司風にしたヒトサラ料理です。

個人的な好みですが、よーく冷えた白ワインやスパークリングワインにあわせても美味しく頂ける、お酒飲みにも嬉しいレシピです。

鯖の余談

そして豆知識。鯖寿司は福井県の郷土料理です。

鮮度の高い塩鯖を使って脂がのった鯖寿司がオリジナルで、焼き鯖寿司は派生版になります。

関西エリアではよく駅弁で売ってますね。新幹線に乗るときに売店で売っていると、ついつい買ってしまうくらい大好きです。

そもそも鮮度の高いサバは入手が難しく、釣りたての鯖にもアニサキスが潜んでいる時代ですので、焼き鯖用のフィレを使って、焼いた鯖を使えば美味しくてコスパの良い鯖寿司が作れます。

という訳で、作り方のコーナーへ。

作り方・レシピ

レシピ写真
赤ワインビネガー、、塩を混ぜてすし酢をつくり、固めに炊き上げたお米が温かいうちに混ぜて冷まし、シャリを作ります。
この辺は好みもあるので、お砂糖や塩はバランスをみて配合します。
※ちょっと甘いくらいのすし酢にしないとあまり美味しくないです。
焼き鯖寿司
鯖フィレを焼き上げ、骨を丁寧に抜きます。
(身が崩れない様に、細かい骨を抜くのがかなり面倒でした。焼く前だと身も剥がれてくるので、抜くタイミングが難しい。。手間を考えると骨抜きの冷凍サバを買う方が良きですね)
焼き鯖寿司
ラップに鯖フィレ、シャリを乗せて巻いていきます。焼き鯖寿司
ラップをぎゅっと巻き上げて形を整え固めます。
この辺はお寿司屋さんになったノリで子供とやると、おままごとの併用もできて食育(?)になるので良きです。
ただしっかり固めないと切り分けた時にボロボロ崩れて悲惨な事になるので、大人が仕上げます。
※すぐ食べない場合は、このまま冷蔵庫で冷まします。
焼き鯖寿司
冷めたらラップごと食べやすいサイズに切り分け、盛り付け完成です。焼き鯖寿司

お寿司職人になったつもりで、作る過程も楽しめる料理でした。

ちなみに使っているおしゃれなお皿は竹とさとうきびを原料とした紙の様なで素材で出来た器で、完全に自然に還る素材です。

こちらは「WASARA ワサラ」さんからの頂き物です。デザイン・コンセプト共にとても素敵なブランド・メーカーさんなので、ご興味ある方は是非サイトへ足を運んでみてください。
https://wasara.jp/

ご馳走さまでした。

レシピ評価
recipe image
レシピの名前
自宅で簡単!脂の乗った焼き鯖寿司
シェフ
公開日
準備時間
調理時間
合計時間
レシピの評価
51star1star1star1star1star Based on 5 Review(s)

おすすめ記事