Staubココットラウンドで作る柚子香るおでん

柚子おでん

寒い時期が続く冬に食べたくなる「おでん」。

おでんは分類としては煮物料理になりますが、お出汁(ダシ)の種類も具材も地域で大きく違います。
鋳物鍋のSTAUBで作れば、熱も冷めにくく美味しくいただけます。

柚子おでん

今回は関西風のおでんと相性がよさそうな柚子を使った料理。いつもの家庭のおでんにも柚子を入れるだけで、癒される風味になる「柚子おでん」をご紹介します。


「おでん」の材料はお好みでOK

【材料】

具材は何でもOKですが、柚子をより立たせる為、お肉系は避けました。


おでんの仕上げに柚子を加える

【料理手順】

  1. 下ごしらえ
    大根、、こんにゃくを下茹でしアクを抜く
    (大根は輪切りにして600wのレンジでラップをして5分ほど温め簡易アク抜きを行う事も可能です)
  2. 出汁を作る
    staubのココットにおでん出汁(上記材料を参照)をつくり、大根、、こんにゃくを入れ、沸騰する直前まで煮込む。
  3. 蓋をして煮込む
    豆腐とがんもどきを加えて、蓋をして1時間ほど極弱火で煮込む
    少し早めに作って置いておくと味が染み込みます
  4. ゆずの皮を加える
    火を止め食する前に柚子の皮を入れて蓋をしておく

stabeのココットで水分が逃げずに柔らかく煮る事が出来ます。

蓋をとると豊かな柚子の香りがたち、何とも言えない幸せな気持ちになります。

その他のおでんレシピ

レシピ評価
recipe image
レシピの名前
Staubココットラウンドで作る柚子香るおでん
シェフ
公開日
準備時間
調理時間
合計時間
レシピの評価
3.51star1star1star1stargray Based on 12 Review(s)

おすすめ記事